よしもり歯科医院 オフィスホワイトニング

HOME > オフィスホワイトニング


 歯を1本でも失うと多くを失うことに気付きます。笑うことが出来ない。食事も美味しく食べられない。口や歯がいつも気に
 なり、ストレスを感じることも。肩こりや頭痛に悩まされたり、今までのようにしゃべれなくなることもあると思います。
 失って初めて歯の大切さを実感します。もっと歯をブラッシングするべきだったとか、歯が痛かったときにちゃんと治療すれ
 ばよかったとか、一度失うと自分の歯を取り戻すことはできません。失った歯を自分の歯に近く、咬み合わせを回復させる
 治療法としてインプラント治療があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは

ホワイトニング剤を歯の表面に塗り、専用の光を当てることによって活性化し歯の色素を分解して明度を上げて白くしていきます。歯を削ったり痛めることなく歯自体を白くする方法です。
お体の状態によってホワイトニングの施術の際に注意が必要な場合があります。

ホワイトニングを避けた方がいい人

現在歯がしみている方

以前ホワイトニングをして、しみたことのある方

妊娠中、または授乳中の方

顎関節症の方

喘息などの呼吸器疾患がある方

虫歯がある方又は治療中の方

歯ぎしりのある方

紫外線アレルギーの方

無カタラーゼ血症の方

膠原病の方 

後天性免疫不全症候群(AIDS)、またはHIV抗体陽性の方

ホワイトニングの術式

ホワイトニングの術式

ホワイトニングの所要時間

約90分程

ホワイトニングの回数

当日

当日だけのホワイトニングでは、いくら白くなってもこれは「見せかけの白さ」です。約1週間以内には表面に色がつきます。

当日から1週間後

必ず1週間後に2回目のホワイトニングをしてください。「白さ」が増すと同時に「白さ」の定着が期待できます。

当日から2週間後

3回目は選択です。その後は半年~1年間隔でタッチアップ(メンテナンスホワイトニング)をします。
嗜好品、歯質の違いによりタイミングは違いますが、「歯に色がついてきたな」と思ったら、それが次のホワイトニングのタイミングです。

ホワイトニングの費用

2回セットで30,000円、追加1回ごとに12,000円です。(1回でも30,000円)

神経を抜いた歯を白くする方法

基本的にホワイトニングは神経のある歯が対象となります。神経を抜いた歯は、時間がたつと明度が落ちて暗くなってきます。こういった歯は、通常のホワイトニングでは白くなりにくく、また後戻りもしやすくなっています。一般的にはセラミックでの修復もありますが、歯を削りたくない場合には、ほかの方法で白くすることもできます。

注意事項

ホワイトニングの注意事項については こちら をご覧下さい。

あなたの笑顔のために

歯周病治療

歯周病歯周病は歯の表面につくプラークと咬み合わせの不調によっておこる、「歯の周りの病気」です。

詳しくはこちらLinkIcon

インプラント治療

インプラント人生を前向きに楽しみ、充実してすごされる患者さんの生活をインプラントがサポートします。

詳しくはこちらLinkIcon

ホワイトニング

ホワイトニング手軽なホワイトニングから本格的な白い歯のセラミックまで幅広く対応しています。

詳しくはこちらLinkIcon

顕微鏡歯科治療

顕微鏡歯科治療肉眼では見えない神経を、確実に見ながら診療することで、確実で安全な根管治療を行ないます。

詳しくはこちらLinkIcon

自家歯牙移植(歯の移植)

自家歯牙移植(歯の移植)ブリッジ、インプラント、義歯ではなく、ご自身の歯を移植する自家歯牙移植を行うことができます。

詳しくはこちらLinkIcon